AIを利用してブログ記事を自動作成する『Catchy』を使ってみた!

ブログって記事を書くのが大変!

記事を自動で作成するサービスってないかな?

こんなお悩みを解決します。

当記事では、下記について記載しています。

当記事の内容

  • Catchyの自動化ツールの紹介
  • Catchyの自動化ツールの試用版
  • 出力結果の詳細レビュー
  • Catchyの自動化ツールを使ったコンテンツ作成方法

ウェブサイトやブログのコンテンツ作成プロセスを簡略化する方法をお探しですか?

ブログ記事を書くのって大変で、大枠だけでも誰か作ってくれないかなと悩みますよね。

私もそうだったので、ブログ記事を自動作成する『Catchy』を試しに使ってみました。

ここでは、Catchyの自動化ツールのレビューとその使い方を紹介します。

実際にブログ記事で試してみたので、出来上がった記事のレビューや記事の作り方などを詳しくご紹介します。

また、Catchyの自動化ツールについて詳しくご紹介していきますので、ぜひご一読ください。

それでは、始めます!

Catchyの公式サイトはこちらから!

『Catchy』の自動化ツールのご紹介

Catchyは、Webサイトやブログのコンテンツを簡単に作成することができる自動化ツールソフトです。

キーワードを入力すると、関連するトピック、画像、動画を含む複数の記事を生成します。

これらはすべて自動で行われるため、ユーザーの時間と労力を節約することができます。

さらにCatchyでは、コンテンツ作成に役立つテンプレートやガイドをユーザーに提供しています。

せりざわ

始めて利用する方にも分かりやすい仕様になっていますよ。

自動化ツールのワークフロー概要

Catchyの自動化ツールの使い方は、シンプルで簡単です。

Catchyでは、記事作成以外にも、キャッチコピーやYouTube企画などもAIで自動生成可能です。

その中で、ブログ記事作成の場合は下記の2つを入力していきます。

  • 記事のタイトル
  • 何について書きたいか

この2つを入力すると、導入文や見出しなど、いくつか自動生成されるので、ニーズに合わせてカスタマイズ・選択していきます。

あとは、入力した内容をもとに、ツールが自動的に完成したコンテンツを生成してくれます。

全体のプロセスは非常に簡単で、数分でコンテンツを準備することができます。

出力結果の詳細レビュー

記事の自動生成の結果ですが、実は当記事自体がCatchyで作成した記事となっています。

生成されたテキストは文法的な誤りも少なく、内容も自分が求めていたものに近い記事になっていました。

ただし、文章のつながりが多少おかしい部分も幾つかあります。

また、もう少し詳しく説明が欲しい部分もありましたが、その辺はリライトで十分対応可能です。

多少のリライトは必要ですが、大枠はAIの自動生成されているため、当記事も自動作成から記事投稿まで約2時間で出来ました。

さらに、Catchyの自動生成記事によると、このツールは、コンテンツが十分に構造化され、キーワードが豊富で、検索エンジンに最適化されているとのこと。

また、Catchyでは、あらゆるデバイスやプラットフォーム向けにコンテンツをフォーマットすることができ、コンテンツが常にベストな状態で表示されることを保証しているとも記載されていました。

Catchyの公式サイトはこちらから!

まとめ

当記事では、ブログ記事を自動作成できるCatchyについてご紹介しました。

結論として、Catchyの自動化ツールは、Webサイトやブログのコンテンツを作成する際の時間を節約するのに適していると感じました。

このソフトを使えば、ブログ記事の大枠を数分で生成することができます。

あとは文章のリライトと肉付けをすればブログ記事の完成です。

もしあなたが簡単にコンテンツを作成する方法を探しているなら、Catchyの自動化ツールは検討する価値はありますよ。

また、Catchyは無料版もあります。

無料版だと、月に2記事程度の自動生成しか出来ませんが、「試しに使ってみようかな」と悩んでいる方は無料版がオススメですよ。

今回は以上です。

せりざわ

それでは、また!!

-others, ブログ
-